退職代行サービスを使う価値があるのはどんな人? 利用料金や、トラブルの心配についても答えます

2020年4月1日 投稿者: YUDAI

今の会社をやめて新しい環境に移りたいけど
色々仕事が回ってきてるし動き出せない
今の仕事はストレスたまるばっかりで、結婚の予定もあるし辞めたい
でも上司にパワハラされそうで言い出せない
誰か代わりに言ってくれないかな

今回はこのような疑問に答えます。

退職代行とは

今回は退職代行というサービスについて説明します。

その名の通り、退職を代行してくれるサービスなのですが、まだそこまで広まっているサービスではありません。

利用する価値はある?

正直なところ人によるでしょう。

明確な理由があったり、やりたいことがあるのならばすぐに行動へ移した方がいいというのは常識ですし、法的に引き留める権利を会社は持っていません。

どんな人が使うの?

  • パワハラが横行するブラック企業に勤める人
  • 疲労がたまっていて、体力的に続かないことが目に見えている人
  • 役職的に辞めると言いづらい人

このいずれかにあたるのならば使った方が良いでしょう。

自分で上司に言っても、引き継ぎで結局すぐには抜けられないということもあったりするので、2週間ぐらいでスパッと辞めたいという人も検討する余地があります。

費用は3万円弱

退職代行で有名なのはだいたい下記の3社です。

退職代行ニコイチ:27000円

退職ボタン :29800円

reフレッシュ転職(あんしん退職サービス):25000円

ブラック企業大賞というものが毎年発表されたりする時代ですし、最近でいうと新型コロナの影響で接客業に勤めるのが怖かったり、病院で働くリスクを考えて家族からも辞めてほしいと言われたりする人も増えているので、今後爆発的に伸びてゆくサービスだと思います。

内容としては全てのゴールは「退職の代行」なので、大きな差はありません。

精神的な負担が大きいなら検討を

今の職場が精神的負担の大きいところだったり、先述したように命のリスクが高いところなのであれば、穏便かつ迅速に離脱した方が良いでしょう。

もしもそれが原因で体調を崩しても、労災が下りなければ3万円程度の出費では済まないからです。

次の転職先への不安があるのならば、転職サービスとの併用で料金が無料になるサービスを利用することも出来ます。

上記の中ではreフレッシュ転職がそれにあたります。

と、ざっくりしたサービス内容だけ聞いても分からないところはあると思いますので、主な疑問点について答えてゆきます。

退職代行サービスの疑問点

退職代行と聞いて生まれる疑問について、それぞれ回答してゆきます。

本当にすぐ辞められるの?

原則的に民法の規定上は、2週間前には会社へ言っておく必要があります。

しかし本人はその日から出勤しないのに、会社側が社会保険料を負担しなければならないということから、依頼した翌日でも退職が認められます。

失敗することはないの?

退職というのは「労働者の一方的な告知として認められる」権利です。

そのため会社は法的に告知されれば受けるしかないので、失敗することがありません。

正規でも非正規でも関係ない?

退職を告知すれば、原則2週間以内に辞めることが出来るということは変わりません。

期間が定められている契約社員であっても、体調や精神状態が芳しくないという 正当な理由があれば認められます。

自分が辞めて業績が下がったら、訴えられたりしない?

一般的な社員ならまず大丈夫だと思って良いです。

業績が下がったと訴えられたところで、本当にその人が抜けた結果なのかということを証明しなければなりませんし、ほとんどは棄却されます。

そんな勝ち目の薄い訴訟に弁護士費用を払わなくてはならないので、会社側からすれば訴えることにはリスクしかありません。

ただし、横領などの犯罪が発覚した場合には、この限りではありません。

辞めた後の給料は?

退職した月までの給料は、法に則って労働者に支払う義務があり、書面で請求する必要もありません。

有給も上手く使って、次の仕事に備えましょう。

ただし退職金や残業代に関しては権利が確定していないので、会社側が拒めば弁護士に相談しましょう。

自分からは何も言わなくていいの?

会社へ電話するのは代行サービス所属の行政書士です。

怪しまれることもありますが、本人からの退職届、返却物があれば普通に処理してもらえます。

人々を守るための退職代行

セクハラやパワハラなど、人材問題が取り沙汰されて久しい時代です。

それに加えて病院や薬局関係者の人は毎日命のリスクにさらされ、一時も休まる余裕がないご時世でもあります。

誰かがやらなければいけない仕事というのはありますが、その影響から受ける被害を会社が負担してくれるわけでもないのであれば、時には逃げる選択をしても良いのではないでしょうか。

人材の無駄遣いを防ぐ

また仕事をする中で自分のやりたいことが見つかり、能力が活かせない環境なのであれば、社会にとってそれほどもったいないことはありません。

給料が安い人からすれば、30000円という金額は決して安くはありません。

しかしそれを支払うことでやりたい仕事が出来て、給料が今より5万円ほどでも上がるのならば、使ってみる価値はあると思います。

 

今回の記事は以上となります。

退職代行で人生をやり直すなら、ここから相談してみてください。

退職代行ニコイチ:27000円

退職ボタン :29800円

reフレッシュ転職(あんしん退職サービス):25000円(転職サービス利用で無料)